お問い合わせはこちら

MENUMENU

100歳大調査

【健康長寿の秘訣】100歳インタビュー(山川ミツさん/103歳)

緩やかな時間が流れる沖縄で、心穏やかに暮らしています

ココロもカラダも元気な100歳以上の方の声をお届けする「元気な100歳インタビュー」。今回は沖縄県にお住まいの山川ミツさん(103歳)にお話をお伺いしました。どんなときも心はいつも穏やかだったと話すミツさんの健康の秘訣とは?

  雑草を取ったり、体操をしたり。普段からよく身体を動かしています。

100あるスタッフ ミツさん、足腰がしっかりされていて凄いですね。お庭に出られるときも、段差もスムーズに移動されていましたし、靴もご自分で履かれていて、驚きました。

ミツさん そうですか。普段から庭の雑草を取ったり、体操をしたり、身体を動かしているからでしょう。庭の雑草をとるときも、普通に立ったりしゃがんだりしていますよ。

100あるスタッフ 週に一度、デイサービスに行かれているんですって?

 ミツさん はい。グループホームでは、血圧を測ったり、お風呂に入ってマッサージをしたりしてもらっています。私、最年長だけど、いちばん元気なんですよ。デイサービスに行かない日も、自分で歩いて病院に行っています。

100あるスタッフ それは凄いですね。普段はどんなことをされているんですか?

ミツさん 朝は8時から9時ごろの間に起きて、顔を洗って、軽めのご飯をいただいた後は新聞を読んでいます。

100あるスタッフ 視力もしっかりされているんですね。食事は3食とっていますか?

ミツさん 朝・昼・晩・おやつまでちゃんと食べていますよ。

 身体にいいものを自然に摂っていました

100あるスタッフ ミツさんは、これまでのどんなことが健康によかったと思いますか?

 ミツさん わかりませんけど、すぐそこには海があって、ミネラルを補給するために、もぐさやもずくを取って来て食べました。大根や蔓(かずら)の葉っぱやソテツなんかも食べていたんですよ。今考えると、自然に体にいいものを摂取していたのが良かったのかもしれませんね。家族みんな健康でしたから。今は何でも好き嫌いなく食べますよ。

 100あるスタッフ  なるほど。ほかに、何か思い当たることはありますか?

 ミツさん  そうですね。どんなときも、心はいつも穏やかに過ごしてきたこともよかったのかもしれません。近所には同世代の人もいて、ここに集まってわいわいおしゃべりしたりしてね。

 100あるスタッフ  ところで、ミツさんは5人のお子さんを育ててこられたんですよね。

 ミツさん  はい。がむしゃらに働いて、男4人、女1人、合わせて5人の子どもを育てて、その後は孫も5人育てました。今は関東など、遠く離れた場所に住んでいますけどね。

 100あるスタッフ  ご家族の皆さんが集まられることはあるんですか?

 ミツさん  子どもや孫たちは東京とかに出ていたりもするけれど、毎年、私の誕生日にはみんな集まってくれますね。

 100あるスタッフ  わぁ、それは嬉しい! 今年もお誕生日が楽しみですね。これからも、元気で長生きされてください。ありがとうございました。

<ご家族からひと言>

私も70代になるのに、母はいつも「大丈夫ねー」と心配してくれるんですよ。これまで大病を患ったこともなく、100歳を超えても元気でいてくれるだけで、私たちは安心して働けるし、みんな元気をもらっています。これからも、今まで通り、健康に長生きして欲しいですね。

<編集後記>

今回の取材は、夏本番の沖縄へ。青い空、青い海を眺めながら、ミツさんが暮らす村へと向かいました。手入れの行き届いたお庭には、南国らしい花や果物が植えられていたのが印象的でした。ミツさんは、素敵な笑顔で、時折、はにかみながら身振り手振りでお話ししてくださる表現豊かな方。時間を忘れて、ずっとお話ししていたい—そう感じる取材でした。

 

『100歳まで楽しく歩こうプロジェクト』について詳しく知りたいかたはコチラから↓↓↓

キーワード

関連記事