お問い合わせはこちら

MENUMENU

元気学

ココロの元気学~はじめに~

2017.02.08

~自律神経失調症ってどんな病気?~

「自律神経失調症かも…」

自律神経失調症…よく使ったり、聞いたりする言葉ですよね。でも皆さんはどこまで自律神経失調症のことを理解していますか? 実は「自律神経失調症」というのは正式な病名ではありません。さまざまな病気のなかの症状の一つとして「自律神経失調症状」というものがあります。ただ一般的によく知られている言葉であることから、調子が悪くて病院に行ったけれども特に検査で異常がないといわれ、たぶん自律神経失調症っぽいのかなと自分を納得させる言葉として使っていることも多いのではないでしょうか。

自律神経は身体の複雑な機能を自動で調整する、とても繊細な神経システムです。そのためいろいろな原因でバランスが崩れると調整が乱れてしまい、「自律神経失調症」という症状を起こしてしまうのです。そのいろいろな原因の中には、精神的・身体的ストレスもあり、生活スタイルを見直すことでそれらを軽減したり、あるいは予防したりすることが可能です。この「ココロ・元気学」ではそれらの方法を具体的にアドバイスして、皆さんが100歳までニコニコ元気に過ごせるようお手伝いしていきます。ぜひお役立てください。

監修プロフィール

 福永伴子(ふくなが ともこ)

医学博士
日本精神神経学会認定専門医
日本医師会認定産業医
日本抗加齢学会専門医
日本胎盤臨床医学会認定医

2011年 ともクリニック浜松町開設
順天堂大学 医学部医学科卒業
順天堂大学医学部精神科
銀座内科・神経内科クリニック(ストレス外来)


キーワード

関連記事