お問い合わせはこちら

MENUMENU

お役立ち情報

【健康長寿の秘訣】100歳インタビュー(西潟 キイさん/100歳)

2016.12.01

「今がいちばん幸せ」と感じることが元気の素

ココロもカラダも元気な100歳以上の方の声をお届けする「元気な100歳インタビュー」。今回は大阪府堺市にお住まいの西潟キイさん(100歳)にお話をお伺いしました。ピアノを弾いたり、料理を作ったり、毎日のようにご友人やご家族と会ったり。自由気ままな暮らしを楽しむ西潟さんの健康長寿の秘訣とは?

 

時間を気にせず、自由気ままな暮らしを楽しむ

100あるスタッフ ご出身は新潟だそうですね。

キイさん はい。私も亡くなった主人も新潟出身です。師範学校を出て教員をしていましたが、堺市に住んでいた兄から、「堺はいいところで住みやすい街だから来るといいよ」と言われ、昭和17年に移ってきました。住み始めた頃は大阪の言葉が全然わからなくて。市役所に行って相談したら、大阪弁の講習をしてくださることになったんですよ。私はその講座の第一回生なんです。

100あるスタッフ とっても行動派なんですね。一人で旅行をするのもお好きと伺いましたが…。

キイさん 主人は北海道での仕事が多くて、大阪の家を留守にすることが多かったんです。だから、一人で気ままに旅行を楽しんでいました。時刻表を読んで計画を立てるのも楽しくて。凝り性なんですね。最終的には鉄道で日本一周しましたよ。

100あるスタッフ 日本一周ですか!なかなか経験できないことですね!ところで、日常生活についてもお伺いしたいのですが、毎日何時ごろに起きていらっしゃいますか?

キイさん それがね、起きる時間はまちまちなんですよ。深夜ラジオが好きなものですから、夜はけっこう遅くまで起きていることが多いんです。いろんな知識を得ることができていいですね。聞きたいなと思う内容のときは、目覚まし時計をかけて起きるようにしています。時間にとらわれることなく自由気ままに過ごせる、こんな幸せな生活はございません。

健康長寿の秘訣は大好きなピアノを好きなだけ弾くこと

100あるスタッフ 日中はどんなことをして過ごされていますか?

キイさん 毎日のように誰かが訪ねて来てくれますから、よくおしゃべりしています。千客万来! ありがたいことですね。ほかには、聖書を読んで記録したり、折り紙をしたり。なかでも、いちばん好きなのはピアノを弾くことです。私がピアノを弾く傍で、訪ねて来た友人が歌ってくれることもあります。お隣の方が理解のある方で「僕、ピアノの音が好きやねん」と言ってくださるので、昼夜かまわず、1日3〜4時間くらいは弾いていますね。

100あるスタッフ どんな曲を弾かれるのですか?

キイさん 賛美歌や民謡、なんでも弾きます。楽譜を見て弾くこともあるし、自分で作曲して弾くこともありますね。私は本当にピアノが大好きなんです。そういえば深夜ラジオで、右手と左手が違う動きをするピアノはボケ防止にいいと言っていました。私がこの歳まで元気なのは、ピアノのおかげかもしれませんね。

100あるスタッフ ご自宅以外で弾かれることもありますか?

キイさん 以前、デイサービスにボランティアで弾きに行っていました。今は、私がそのデイサービスに通っているのですが、当時を知る人から「西潟さん、ピアノ弾いてよ」と言っていただくので、弾かせていただいています。あとは、教会の集会などでも弾いていますよ。

100あるスタッフ 食事はどうされているんですか?

キイさん 料理をするのも大好きですので、自分で作って食べています。近所に娘が住んでいて、材料を買って来てくれますし、足りないものがあれば、手押し車を押しながら近所のスーパーまで買い物に行くこともありますね。

私は、羽仁もと子さんの大ファンでして、彼女が主催していた「友の会」に通っていました。そこで教わった「魚1、豆1、野菜4、卵半個」というバランスの良い食事を心がけています。

100あるスタッフ 西潟さん、最後に長生きの秘訣を教えてください。

キイさん 私ね、今がいちばん幸せなんです。起きたいときに起きて、食べたいときに食べて、弾きたいときにピアノを弾いて。1日があっという間に過ぎていきます。幸い子どもたちも近所に住んでいるので安心ですし、周りの皆さんに感謝しながら、自分らしく生きることが、長生きの秘訣かもしれませんね。

100あるスタッフ 西潟さん、ありがとうございました。これからも好きなことをして充実した日々をお過ごしください。

『100歳まで楽しく歩こうプロジェクト』について詳しく知りたいかたはコチラから↓↓↓

キーワード

関連記事