お問い合わせはこちら

MENUMENU

100歳大調査

【健康長寿の秘訣】100歳インタビュー(江利セイさん/105歳)

好き嫌いなく残さずしっかり食べることが長寿の秘訣

ココロもカラダも元気な100歳以上の方の声をお届けする「元気な100歳インタビュー」。今回は「グループホーム 楽しい家」(福岡県福岡市)にお住まいの江利セイさん(105歳)にお話をお伺いしました。この春、105歳になった江利さんに長寿の秘訣をお聞きしました。

  好き嫌いなく毎日しっかり食べています!

100あるスタッフ 3月に105歳になられたんですよね。おめでとうございます。

セイさん ありがとうございます。私はこのグループホームで最年長なんです。先日もお誕生会を開いてもらって、ご馳走を食べてプレゼントをいただきました。ケーキも美味しかったですよ。

100あるスタッフ みなさん、仲がいいんですね。

セイさん そうですね。ここはいつも賑やかで楽しいです。

100あるスタッフ 毎日、どんなふうに過ごしているんですか?

セイさん 起きるのは6〜7時ごろ。しばらくゆっくり過ごして、8〜9時ごろに朝ごはんを食べます。そのあとは、のんびりとテレビを見たりしながら、お昼ごはんまでの時間を過ごします。午後は天気がよければお向かいの公園にお散歩に行くことも。17時30分ごろに夕食をいただいて、20時から21時ごろには寝ます。途中で起きることもなく、朝までぐっすり寝ています。

100あるスタッフ 規則正しい生活を送られているのですね。食事はどんなものがお好きですか?

セイさん 好き嫌いはありません。ご飯は残さず、なんでもしっかりいただきます。私ね、お茶やコーヒーは飲まないけれど、炭酸栄養ドリンクや乳酸菌飲料が大好きで、毎日飲んでいるんですよ。

100あるスタッフ そうなんですね。そうした食生活も健康の秘訣かもしれませんね。 

 心配ごとのないことが長寿の秘訣!

100あるスタッフ ご家族もご長寿の方が多いそうですね。

セイさん そうなんです。私は6人兄弟姉妹なんですが、10数年前に6人の年齢を合わせて500歳というお祝いをしたことがありました。

 100あるスタッフ それはすごい。皆さんご長寿なんですね。ご家族もよく会いに来られるんですか?

 

セイさん はい。長男の家族がよく来てくれますし、名古屋に住む長女とは時々電話で話をします。主人が早くに亡くなり、3人の子どもを一人で育て上げました。仕事として幼稚園の給食や自動車会社のまかない、スーパーで惣菜を作ってきましたから、料理はかなり得意です。孫たちも私の料理で育ったんですよ。

100あるスタッフ どんな料理が得意ですか?

セイさん どんな料理も手際よく作ることができますが、なかでも十八番は天ぷらです。家族はもちろん、いろんな人に料理を作ってあげることが好きで、80歳を過ぎるまで料理をしていましたよ。

100あるスタッフ わぁ、すごい。お子さんやご家族の皆さんは、さぞかし喜ばれたことでしょう! ところで、そのスカーフ素敵ですね。おしゃれもお好きなんですか?

セイさん 90歳を過ぎるまで髪を染め続けていましたし、お化粧もしていましたね。若い頃は周りから美人って言われてモテました(笑)。

100あるスタッフ それは羨ましいですね。最後に、セイさんにとっての健康の秘訣は?

セイさん 心配ごとがないことですね。大きな気持ちを持って一日一日を過ごしています。

100あるスタッフ セイさん、ありがとうございました。これからも、ご家族やグループホームの皆さんと元気に楽しく暮らしてください。

『100歳まで楽しく歩こうプロジェクト』について詳しく知りたいかたはコチラから↓↓↓

キーワード

関連記事